Journal Intime***

Paris発、のんびり日記。 夢の街から何気ない日常を発信中。食べ物、映画、本や音楽の雑感など。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< パリ的トイレ事件 | main | 秋の気配とチーズ評 >>

CABU et Paris

Hotel de Villeの新しいエクスポジションを見てきました!

CABU et Paris

パリ市の情報誌の表紙裏などで有名な漫画家(?)、CABU氏のイラスト展示です。
漫画家…と書いてしまったけれど、日本のような漫画って言うのではなくイラスト、デッサン、それにコメントを入れた風刺画みたいなものが中心です。それでも殆どは白黒ペン一本で描かれているので、日本人にはとても親しみやすい感じ。

もともと、上記のパリ市が無料で市民に配っている雑誌に載っている彼の風刺漫画が大好きで、始まったときから見に行きたいな〜と思っていたんですが いつもいつもな長い列に重い腰を上げることが出来ず…結局公開から3週間ほどたってしまったけれど、やっと行ってきました!


まず、入るのが大変!
入場希望者が多いし、彼の作品は絵と一緒に沢山のコメント(面白い)が描かれているので一人一人見る時間が長い。ので、入場制限ありです。私たち(友達と行ったのです)は大体1時間位並んだと思います。でも喋ってるとその位結構すぐ過ぎちゃいますよね。

なんとCABU氏はすでに50年(!)のキャリアがありながら、これが最初の個人的なエクスポジション(キャリア50年とはいえ、最初のエキスポがHotel de Villeっていうのも凄いです)。

最初に彼の生い立ちから始まって、15歳の時に地元の新聞に投稿していた風刺漫画なんかも見れます。今よりも少しシンプルな感じ…。でも15歳とは思えない上手さです。その後はすでに出版されている風刺画の原画と、クロッキー帳に描かれたパリのスケッチの展示が続きます。最後の方には、10分ほどのドキュメンタリー映像もあり(10分ってちょうど良かったです…前の写真展では40分くらいあって、疲れちゃったので)。


ドキュメンタリー映像でも彼自身が言っていましたが、日本人のツアーリスト(特に女の子・笑)を描くのが好きらしくて、出っ歯で細い目をした女の子達がいっぱいブランドバックをぶら下げている絵が沢山ありました(泣。うぅ〜ん・・・。



なにはともあれ、とっても楽しめました♪
来年の1月27日まで公開予定です。
パリ在住の方、期間中にパリに来る予定のある方、お薦めです☆
無料だし(←しつこい


人気ブログランキング
↑ランキングに参加しています。
お時間ありましたら一票おねがいします♪♪
Paris〜パリの適当案内。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaori0412k.jugem.cc/trackback/233
この記事に対するトラックバック